熱中症対策

この時期とても気温と湿度が高く熱中症になりやすいです

もしも熱中症の症状が出現した場合の対策を紹介します

日本赤十字社によると

できるだけ早く風通しのよい日陰や、冷房が効いている室内などに避難する

原則として水平にしますが、本人が楽な体位にする

厚い衣服は脱がせて、体から熱の放散を促す

意識があり、吐き気や嘔吐などがなければ、水分補給をさせます。経口補水液、スポーツ飲料か、薄い食塩水などを飲ませる

氷嚢などがあれば、それを頚部、腋窩部(わきの下)、鼠径部(大腿の付け根、股関節部)に当てて皮膚の直下を流れている血液を冷やすこと

水分が補給できない、症状に改善が見られない、様子がおかしい、全身の痙攣があるなど、手当の判断に迷う場合は、直ちに119番通報をする

119番通報後も、救急隊の到着前から冷却を開始することが求められます。反応(意識)がなく、普段どおりの呼吸がない場合は、一次救命処置の手順により手当を行う

以上が熱中症患者の応急処置といっています

命の危険もあるため正しい処置が必要です

皆さんも熱中症にはお気をつけて良い夏休み、お盆休みをお過ごしください

江間

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。