当院での新型コロナ対策

当院ではガイドラインに沿って下記のコロナウイルス感染対策を行っております

・スタッフ全員が出勤時に検温、マスク着用をしております

・患者様来院時に消毒をして頂けるよう入 口に消毒用アルコールを設置しております

また、受付に飛沫防止のためのアクリル板を設置しております

・受付で患者様の検温とマスクの着用をお願いしております

・待合室では間隔を開けて座って頂き、そのためにイスを多めに用意しております

・混雑時は車内で待って頂き、順番が来ましたらスタッフが呼びに行くようにしております

・ベッド間を顔付近の位置でカーテンで仕切り飛沫防止をしております

・毎回施術後にベッドをアルコール消毒しております

・スタッフ全員が新型コロナウイルス摂食確認アプリ「COCOA」を導入しております

これからも患者様が少しでも安心して来院できますよう努力してまいります。

魔女の一撃

今年も早いものであと1ヶ月を切りました。年末といえば大掃除の季節ですね!私も先日自分の部屋の大掃除を行いました。

大掃除で気を付けるべきケガの一つにぎっくり腰が考えられます。正式名称は「急性腰痛症」といいますが、「魔女の一撃」とユニークな呼ばれ方をすることもあります。

    魔女の一撃

ぎっくり腰の多くは腰の筋肉や関節で痛みが発生します。じっとしていてもズキズキする痛みがある時は、患部で炎症を起こしている可能性が高いので保冷剤等でアイシングをするのが効果的です。当院に同様の患者さんが来られた場合、炎症を下げる効果のある物理療法と合わせてアイシングの処置をします。

大掃除では重たいものを運ぶことも多いかと思いますが、ぎっくり腰にならないよう荷物を持ち上げる際は前かがみにならずにしゃがんで荷物を上げ下ろしするように意識してみてください。あと1か月、ケガ無く健康に過ごしましょう。

プロ野球

昨日で今年のプロ野球も終わりましたね

オリックスとヤクルトの日本シリーズは手に汗に握る良い試合をしてました

各選手たちが全力でぶつかり合っているのが伝わりました

去年はソフトバンクが巨人に圧勝でパ・リーグとセ・リーグの戦力の差が話題になっていましたが

今年のヤクルトを見るとセ・リーグも力をつけてきているなと思いますね

両チームとも若手選手がとても活躍していたのでこれからも期待できそうです

中日、日本ハム、ソフトバンクは来年から監督が変わるチームが多いので

シーズンオフのキャンプも見所が沢山ありそうですね

江間

マッサージの効果

最近の研究でハーバード大学の研究チームによると

一定の期間で機械的刺激を加えると損傷した筋繊維は通常よりも増加して修復されるということが分かったようです

これは筋繊維の修復過程で機械的刺激により白血球の1種である好中球が3日で消失したことが大きいようです

色んな研究発表がされている中で皆さんに役立ちそうなもの、接骨院で行っている施術の根拠になり得るものは

見つけ次第ブログにもアップしていこうと考えています

よろしくお願いします

  江間

扁平足

立ち仕事をしていてすぐに疲れてしまったり

普段ランニングをしていて足の内側が痛くなってきた

などの症状の方は扁平足傾向にあるかもしれません

これは足の裏の土踏まずの部分(内側縦アーチ)が低い人のことを指します

また外脛骨といって足の内側にある舟状骨に余分に骨がある状態で

土踏まずを形成するのに役立っている後脛骨筋の作用が弱く、扁平足傾向になっている方もいるかもしれません

扁平足は地面から足に伝わる衝撃を抑える作用があるアーチが低いため

足が疲れやすかったり衝撃の積み重ねにより痛みが出やすかったりします

対策としては靴の中敷(インソール)を変えることをおすすめします

アーチが高く形成されているインソールを靴屋やスポーツ用品店でも売っていますので

それを使って頂くとアーチが形成され症状の改善が図れます

瑞穂接骨院でも定期的に専門の義肢装具士の方を招いて

インソールの販売をしていますので気になる方はお申し出ください

江間

尺骨骨折

先日、プロ野球のオリックス所属の吉田正尚選手が尺骨骨折により登録抹消となりました

尺骨とは前腕(肘から手首にかけて)にある2本の骨のうちの1本で小指側にある骨です

手首を捻る動きに関係する骨で癒合するのに1ヶ月ほどを要します

また、リハビリもあるため長期離脱なる事が予想されます

リーグ戦終盤に差し掛かり、優勝争いをしていることもあり吉田正尚選手の離脱はオリックスにとっては痛手です

他にも今年の6月25日には中日の石川昂弥選手もウエスタン・リーグの試合中にデッドボールを受け

同じように尺骨の骨折をしています

スポーツ選手のケガはついつい調べてしまいますね

これからもケガの情報を伝えていけたらと思ってます

江間

お知らせ

今週は祝日が2日間あります

午前の施術のみとなりますのでよろしくお願い致します

投球障害

野球選手の肘のケガでよく耳にするものの一つにトミー・ジョン手術というものがあります

先日メジャーリーグの前田健太投手が受け成功したと報道がありました

他にも大谷翔平選手やダルビッシュ有投手などの選手に手術歴があります

トミー・ジョンは初めて手術を受けた選手の名前です

手術をした医師が名前になることが多いのでこれは珍しいです

肘の内側の靭帯の再建術ですが原因は投球負荷によるものです

よく野球肘や野球肩というものがありますがこれらすべて繰り返しの外力によるものでいわゆる使いすぎですね

特に学生時代に多く最近では投球制限が設けられるようになるほど繰り返しによるケガが多いのです

日々のケアと共に使いすぎに注意することでケガを減らすことができます

日本臨床スポーツ医学会では

小学生は1日全力50球、週200球

中学生は1日全力70球、週350球

高校生は1日全力100球、週500球

が推奨されています

ケガをして離脱することが1番辛いですし今まで練習したものがまた振り出しになってしまいます

長くプレーできる選手になる為に使い方やケアを意識してみてください

江間

もみ返し

皆さんは接骨院や整体、マッサージ店などに行き

施術やマッサージを受けた数時間後〜夜中、翌朝に施術を受けた部位に熱っぽい感じやズキズキとした痛みがあった

ということはありませんか

これはもみ返しといって施術やマッサージなどによる外部からの刺激に体が耐えられず

軽い炎症反応が起きることを言います

施術中に力を入れてしまったりセラピストが力で施術を行うことで起こりやすいですが

そうでなくても起こってしまう場合があります

これは保冷剤や氷で冷やすことで症状を軽減させることができます

また上記のような症状が出た場合は知らせて頂くと次回以降の施術方法や力の加減を調整することができます

より効果的な施術の為にもよろしくお願いします

江間

ケガをしたら

何かにぶつけた、走ったり歩いていてひねってしまったなど

スポーツだけでなく日常生活でもケガをしますよね

時間が経つと腫れる、熱っぽくなるなどの症状を呈します

接骨院でケガを施術することが出来ますが

いつでも行けるわけではありませんしその間に悪化してしまうケースがあります

まずは前回の記事でもあったアイシングを推奨します

腫れが強い場合は15〜20分に限らず時間がある時はいつでも冷やしたほうがいいでしょう

あとはなるべく安静にすることです

これを守っていただくだけでケガの応急処置になりますので是非実行してくださいね

江間

アイシング

皆さん、よく怪我をした時に冷やした方がいいと言われた事があると思います。

これは間違いなく「正解」です。

では、なぜ冷やすと良いのかと言いますと怪我をした場所は炎症反応が起こり血流量が多くなり、通常よりも熱を持ち腫れ上がってきます。

そこからさらに温めてしまうとこの炎症反応の手助けとなってしまうからです。

冷やすと血管は収縮し、患部への血流量も減少するので腫れにくく熱を持ちにくいと言うことです。

アイシングの推奨時間は15〜20分が良いとされています。

テレビを見ながらでもアイシングは出来ます。

これをするとしないでは経過も大きく変わります。

アイシングの大切さが分かりましたか?笑