意欲スイッチ

先日、藤田医科大学の研究により

意欲スイッチについてが解明されたそうです

動物や人間は何かの成功による報酬により意欲スイッチがONになるとされています

意欲スイッチがONになった状態というのは

脳でドーパミンという物質が分泌されるのですが

今回はそのドーパミンが脳にどのように作用されたのかが解明されたとのことです

この研究成果はうつ病の患者の薬物投与などに活用されていくようです

今の社会による不安やストレスで精神疾患を患う方が多いです

少しでも上手く活用され社会復帰できる方が増えることを祈っています

江間

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。