投球障害

野球選手の肘のケガでよく耳にするものの一つにトミー・ジョン手術というものがあります

先日メジャーリーグの前田健太投手が受け成功したと報道がありました

他にも大谷翔平選手やダルビッシュ有投手などの選手に手術歴があります

トミー・ジョンは初めて手術を受けた選手の名前です

手術をした医師が名前になることが多いのでこれは珍しいです

肘の内側の靭帯の再建術ですが原因は投球負荷によるものです

よく野球肘や野球肩というものがありますがこれらすべて繰り返しの外力によるものでいわゆる使いすぎですね

特に学生時代に多く最近では投球制限が設けられるようになるほど繰り返しによるケガが多いのです

日々のケアと共に使いすぎに注意することでケガを減らすことができます

日本臨床スポーツ医学会では

小学生は1日全力50球、週200球

中学生は1日全力70球、週350球

高校生は1日全力100球、週500球

が推奨されています

ケガをして離脱することが1番辛いですし今まで練習したものがまた振り出しになってしまいます

長くプレーできる選手になる為に使い方やケアを意識してみてください

江間

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。