オスグッド病

オスグッド・シュラッター病は10〜15歳の成長期にボールを蹴る、跳躍するなどの負担により

スネの前に痛みが出たり

スネの前が突き出たりする疾患のことをいいます

症状は一過性のもので成長が止まると自然に消えますがスネの前の突出が残ります

この疾患が起こる原因の多くは太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)の硬さにあります

この筋肉の柔軟性が乏しいことでまだ骨になっていない軟骨に負担をかけます

筋肉の収縮によって引っ張られることで痛みや熱っぽさ、腫れが起こるのです

治療法としてはストレッチ、アイシングを行い炎症を下げることです

安静にしていれば痛みはありませんが運動をすると負担がかかり痛みが出てしまうので思うようなプレーが出来ません

基本的にはスポーツを中止し安静にすることが必要です

スポーツで疲れて身体のケアを疎かにしてしまいがちですが

部活動が盛んな年齢に起きやすい疾患です

故障なく、長くプレーヤーでいれるよう

皆さんも日々ストレッチを行い身体への負担を減らしていきましょう

江間

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。